転職する時の退職手続きの主たる注意点とは

転職活動では、必ず退職をする事にはなります。いわゆる新卒採用とは異なるのです。そして退職には、いくつか注意点もあります。引き継ぎなどには気をつけるべきですし、会社に対して返却する物もあるのです。

借りている備品は返却する

会社にて業務を遂行する以上は、様々な物品を借りる事もあります。代表例としては、ユニフォームです。それは会社から購入する訳ではなく、借りている状態になります。ところで退職をする以上は、それを会社に返却する必要はあるのです。退職する際に、うっかり備品を返却するのを忘れている事例も、しばしば見られます。後で面倒な事になりかねませんから、忘れないよう注意が必要です。

後任する担当者への引き継ぎ

ところで退職をすると、自分の仕事を誰かに引き継ぐことにもなります。退職した後には、自分が行っている業務を後任者が遂行する事になるのです。ですから後任者に対して、自分の仕事の具体的内容は伝達する必要があります。

思ったよりも引き継ぎに時間がかかる

それで引き継ぎは、思った以上に時間がかかる傾向があります。それで退職手続きがスムーズに進まない事もあるので、注意が必要です。引き継ぎを実際に実行する前までは、てっきり2週間程度で完了すると思っていたとします。しかし実際にそれを行ってみれば、1ヶ月ほどかかってしまう事もよくあるのです。それで退職が難航してしまえば、転職先の会社が迷惑してしまう可能性もあります。引き継ぎは、ある程度時間がかかると考えておく方が良いでしょう。