働きやすい職場を見つけよう!転職する時のブラック企業の見分け方

転職をするために新しい職場を見つけなければいけませんが、ここ数年でブラック企業が増えてきているので注意しなければいけません。特に消費財業界などは求人では良い事ばかり記載されていても実際に入社して働いてみるとブラック企業だったという事も多いです。そこで転職をする時にどのようにブラック企業を判別していけばいいのか見分け方を確認していきましょう。

いつも求人が出ている

転職をする時にいつも出ている求人を見かける事も多いでしょう。いつも出ている求人に応募すればすぐに転職出来ると思ってしまいますが、常に誰かが辞めていて人材が不足している事が原因なのです。常に誰かが辞めてしまうという事はそれだけ劣悪な環境の職場の可能性が高いのでブラック企業と判断する事が出来ます。転職をする時はいつも出ている求人には応募しないようにしましょう。

求人でアットホームな職場とアピールしている

社員同士が仲良くしている写真が掲載されていてアットホームな職場とアピールしている求人を見かける事も多いでしょう。社員同士が仲良くて働きやすそうと思ってしまいますが、このような会社は内面を気にしているので実際は真逆の環境になっている事が多いです。入社してみると社員同士で歪み合っていて常に悪口を言ったりしているので求人でアットホームな職場とアピールしている場合はブラック企業の可能性が高いので応募しないようにしましょう。

ブラック企業の見分け方は難しい部分もありますが、転職する時はこのような点をポイントにして判断してみるといいでしょう。